新刊書籍のご案内
会計事務所実践シリーズ
パート社員育成マニュアル
CD−ROM付き
発売記念価格にて販売中!
alt=

JISQ15001:2006
プライバシーマーク
内部監査員実践マニュアル
2006年6月20日発売
好評発売中!
alt=
↓気になる書籍をクリックしてください!
会計大事典T 月次処理編
会計大事典U 人事管理編
会計大事典V 経営計画編
会計大事典W ISO編
会計大事典X 業務報酬編
ISO9001:2000
内部監査員実践マニュアル
個人情報保護法対策
情報セキュリティー/プライバシーマーク導入マニュアル
(2006年規格)
100%活用できる! 会計業界専門のコンサルタントが明かす! 会計事務所業務改善事例の決定版 ! 
経営計画編
A4版 全290ページ 
定価\12,800(税込)



会計大事典V 只今好評発売中!!

〔主な収録〕計画策定の現状分析・環境分析、顧客との契約関係事例、策定手順から立案スケジュール、自社及び企業の財務診断、資金調達の基本事例等

は じ め に
― 経営における経営計画策定とマネジメントの実践事例!―  

21世紀に必要とされる企業の「経営体質の作り方・パラダイムの変換!」

 会計事務所が今後顧客に必要とされる存在である為には、経営計画の策定において、今までとは違った視点で検討しなければならない。それは、明らかに顧客の求めるものが変わってきたからである。顧客が会計事務所に求めるサービスは、経営に必要とするテーマであり、これまでの税法や会計処理手続きにとどまらない経営に必要な情報や外部役員的なサービス、そして、経理改善と経理受託業務なのです。 税法は、納税における最終手続きとして明らかにする為のものであって、企業存続の目的とはなり得ないのです。
 過去に会計事務所も、企業も「経営計画」を立案し全社一丸となって目的、目標に向かい行動を起こしました。それをサポートする役割は変わらないと断言します。ならば、その立案に必要な環境の変化(市場の現状、将来)を予測し対策を立てることが優先事項ではないでしょうか!
会計事務所は規制緩和にて「法人化」が開放されました、今後は企業として社会に必要とされる存在として「経営計画」を策定しなければなりません。

「経営計画」の策定ポイントは、
● 環境の変化予測の調査検討。
● 業務の現状分析と品質マネジメントシステムの確立
● 経営資源(人財・人事・事務所環境)の見直しと計画化
● 商品力の分析、開発、商品化
● 業務サービス体制確立(業務提供)
● 管理(情報管理/顧客・社員・経営者ニーズ・業務結果)
● 具体的なスケジュール化(誰が、何時までに、どのように、成果物のイメージ)

経営計画の基本は、「経営理念・経営方針・目標および品質方針」で骨子を固める
 経営計画を策定するとき、我が事務所が目指す目的、生涯に渡り実現する大きな社会的役割や使命を明確にすることができずに、社員が一丸となってその目的に向かって行動を起こすことはありえない。

働くとは、企業(会計事務所)という組織を使い、大きな目的への達成感を共有化することである。


ここに、「経営理念、経営方針・目標・品質方針」が明確であることで全員が理解できる。

経営は人事、人事は品質、品質は顧客満足と知るべし!
 いくら素晴らしい「経営計画」が出来てもそれを確実に実行し実現するのは「人財」である。
その人財の個人の能力を正しく計画的に向上することは、その人財が行う業務やサービスなどの品質そのものを高めることにつながる。品質は商品であり、その商品(製品)の提供は顧客満足としては評価されるのである。
                     

 【 本書の特徴 】
・ 計画策定の現状分析・環境分析事例
・ 顧客との契約関係事例(会計からコンサル)
・ 策定手順から立案スケジュール事例
・ 自社及び企業の財務診断事例
・ 資金調達の基本事例

編 集: 経理高度化研究所 標準化品質スタッフ
監 修: 青 地 一 守

出版物に関してのご意見・お問い合わせ先
mail:jnp@j-link.co.jp
TEL:075(352)5888


個人情報取扱いについて

Copyright©2000-2005 J-net planning.,Ltd All right reserved